カテゴリー別アーカイブ: 製作過程

ハーディーガーディーのホイール

ハーディーガーディーの弦を擦る部品です。

ハーディーガーディーのホイール

今回は一枚板にしました。

石川県は山中塗や輪島塗など木工芸が盛んです。そのため轆轤(ろくろ)で木地を挽く職業の方も近くにいらっしゃいます。今回は同じ町内の方に頼んで外形を削ってもらいました。初めてお願いしたのですが、さすがに専門家ですからとても良い感じに作っていただきました。
伐ってから長く寝かしたケヤキを使ってくださったので、内部応力も取れてくるいもほとんど出なそうです。
計算していたより重量(密度)があったのでドリルで中心と円周の間を穴あけしました。安定した擦弦や操作性を保つよう、フライホイールの効果も使いたいので程よく重量バランスをとります。
外周部は組み立てた後、芯だしして最終的に削りなおすことになるのでそれ以外をオイル塗装します。

ハーディーガーディーホイール塗装

オイル塗装後

ハーディーガーディー

ハーディーガーディーは撥弦楽器ではなく擦弦楽器なのですが、昔から音色が好きなことや製作したり修理する縁があって時々作ります。
昔ながらのものだけでなく、現代的な楽器としてよみがえらしたいと思いまして特別に設計し製作してます。
この楽器は普通の木工技術以外に金属も多様するので、そのハイブリッド感も気に入っています。間違った近未来楽器のような面もあり、普段のクラシカルな製作と違って意外な面白さがあります。
今回は表面板をシトカスプルースで作ります。

割れ止め

車輪の入るスリット周りの割れ止めの加工です。


車輪の入る部分をたくさん切り欠かなくてはならないので、設計が難しいところです。
バイオリン系の弓弾きのように外側に車輪を設置するべきかもしれません。その辺は要考察です。
切り欠いた部分は割れ易いので、パーフリングを埋め込んでおきます。
スリット周りのパーフリング

半ヘリンボーン柄を埋め込みました。

楽器の型

楽器を作るときは型を多用します。
私の場合特注の楽器を作ることが多いので、その都度型を作ります。
型は経年変化が嫌なので合板やMDFで作ることが多いです。
中心線で左右対称な楽器なので表板の型は片側だけ作ります。

保管中に割れてしまった材も使います。

保管中に割れてしまった材も使います。

この写真のように、表面板用にストックしてる最中に割れてしまった材も型に使うことがあります。

ギター型

アウトラインを注意して整えます

ギターのネック製作②

次にヘッド部分を重ね継ぎします。
ヘッドの角度を決めて鋸でカットするのですが、今回はスケールが640mmなのと薄めのネックにするために若干きつめの15度に決めました。

ネック角度カット

胴付き鋸のほうが良いかもしれません

切り終えたら上下を同じ角度にしたいので、重ねて鉋かけします。

角度決めの鉋かけ

柾目具合がわかりますね

横に倒して片方をひっくり返して接着面の具合を見ます。
ネック材のすべての面が垂直になっていることが必要なので、鉋で微調整します。
最後に接着面をスクレーパでほんの少し削って凹まします。

ギターヘッド 重ね継ぎ リハーサル

垂直にします

これで接着の準備が整いました。

ギターのネック製作①

ただいま4つの楽器製作を同時進行中ですが、今日はご注文いただいたスケールが640mmのクラシックギターのネック製作についてです。
保管してあったブランク材を厚さ20mm程度に鉋をかけていきます。
今回は軽いシダー材を使ったネックにすることになりました。

ギターのネックブランク材

ギターのネック材

まず厚さを整えていきます。
ネックは必ず長さ方向に柾目に板取します。
鉋をかけていくと、ひと削りごとに表情が変わっていきます。
時々、シダー材に多い逆目が出てくることがあります。

シダー材の逆目

円で囲んだ所が逆目です

さらに削っていくと、やにも出てきました。

シダー材の逆目と脂

逆目の横の縦長の円で囲んだ2箇所です。

鉋を使って少しずつ削る理由は、このあたりにあります。
機械で一気に削ると思いがけない仕上がり面が出てきてしまうことがあるので、それを避けるためにも徐々に削って様子を伺うのです。
見た目に悪いので、脂が出てきたところはなるべく使わないように作業しながら計画していきます。