カテゴリー別アーカイブ: ギターの初心者

入門用のギターを選ぶ

ギターにはいろいろな種類があります。
初心者にはどれを選んだらよいかわからない方もいるかもしれません。
エレクトリックギター(いわゆるエレキですね)、アコースティックギター(アコギ)、セミアコースティックギター(セミアコ)、フォークギター、ガットギター(クラシックギター、フラメンコギター)、スチールギターなどなど…

まずは自分の弾きたい曲、やりたいジャンルによってギターを選びます。

さてその中で、もし既製品のクラシックギターやフラメンコギターを弾きたいと思った方は続きを読んでください。
もちろんはじめから良い音や弾きやすさを求めてオーダーメイドするのも良いかとは思いますし、本当は当工房の手工品をお勧めしたいのですが、続くかどうかわからないうちはあまり無理せず、ある程度自分の好みがわかってからのほうがオーダーしやすいかもしれません。

大きな楽器屋さんに行けばたくさんのエレキギターの片隅にほんの少しのクラシックギターがあると思います。その中から消極的選択をして選ぶことが多いのではないでしょうか。フラメンコギターにおいては存在すらしないかもしれません。しかしネット販売のお店でならいつでも選べますね。だから予算に合わせてポチッと購入しがちですね。

でもこれらいわゆるガットギターは生音で楽しむ楽器ですから、音質が自分のフィーリングに合っていないとつまらなくなってすぐに厭きてしまうかもしれません。なので既製品を購入される場合は試し弾きを強くお勧めします。しかも大量生産品とはいえ木でできているものですので、同じメーカーの同じ型番でも1本1本微妙に音が違うことが多いです。
クラシックギターやフラメンコギターだけを扱うギターショップが大きな街にはあると思いますので、少し億劫でも必ず足を運んでたくさんの中から選ぶと良いと思います。

クラシックギターの専門店は手工品ばかりで敷居が高いとお考えの方もいるかもしれませんが、私の経験上まったくそんなことはなかったです。専門店だけに、入門用の大量生産品のなかでも比較的程度の良いものしか扱わないお店が多いと思います。初めに初心者であることや予算を正直に告げて店員さんに一緒に選んでもらうと、満足いく買い物ができると思います。ついでに高級品の音も経験できるかもしれませんしね。
東京だとアウラさん、アンダンテさん、メディアカームさんなどが下町では有名店ですね。